*

バッテリー再生サービス

再生技術

特許技術でよみがえる蓄電池のメカニズム

再生可能な蓄電池

充放電を繰り返すことで、格子の腐食という物理的要因や硫酸鉛の結晶化(※サルフェーション)などの科学的要因により、バッテリーは寿命を迎えます。バッテリーの再生は、結晶化した硫酸鉛に高周波パルスを当て、硫酸鉛を元のイオンへ戻すことです。ミウラは、この再生技術の特許を持つ協和テクノロジィズ株式会社(大阪府吹田市)の代理店として技術供与を受け、平成23年5月25日より、福岡県小郡市に自社工場を開設し、バッテリー再生サービスを行っています。

再生可能な蓄電池

受入から納品までの流れ

お客様から再生のご依頼を受けたバッテリーは、さまざまな試験や設定を行った上で再生処理を行っています。受入から出荷まで安心してミウラにお任せください。

詳しくはこちら

*